クリステル・ヴィ・アンサンブル
Activity プロジェクトレッド

Project Red
プロジェクトレッド

絶滅の危機に瀕した
野生動物を救い
生態系を守る

絶滅の危機に瀕している世界の野生動物のリストを、
レッドリスト(作成:IUCN、国際自然保護連合)と呼びます。

人間も生態系の一部であり、
あらゆる生きものたちの営みによって生かされている存在です。

しかし今、生態系のバランスは崩れ、
野生生物の絶滅スピードは今までにないほど加速しています。

生態系の頂点にいた生きものが乱獲などのためにいなくなってしまうと、
生態系のバランスが崩れてしまいます。

例えば日本ではオオカミが絶滅したことにより、
それまでオオカミに食べられていたシカが増えました。
シカが田畑の作物を食べてしまうという鹿害(ろくがい)のほか、
木々の若芽や森の下草を食べてしまうことで山の表土が流出し、
土砂災害につながった、という被害も出ています。

単純にシカが害獣である、という話ではなく、
生態系の頂点を絶滅させてしまったことによって、
私たち人間も、五感で楽しんでいた心地よい暮らしを失うという、
大きな代償を払っているのです。

つまり、私たち人間にもいずれ大きな影響を与えることになるのです。

日本では現在、オオワシ、ツキノワグマ、
シマフクロウなどが絶滅危惧種となっています。

海外でも、状況は同じです。例えば日本から遠く離れた
ボルネオ島のジャングルで暮らすオランウータン、ボルネオゾウなどは、
日本など先進国に住む私たちの豊かな生活のために
住む場所を追われ、絶滅の危機にあります。

私たちは、遠くに住む生きものたちと実はつながっていて、
大きな影響を与えている。

それが、私が取材を通して知った、目には見えない厳しい現実でした。

そして絶滅危惧種については、
ニュースで報道される頃にはもう手遅れ、ということがほとんどです。

そうならないうちに警鐘を鳴らすことも、
私たちメディア側にいる人間の大きな責任であることを、
しっかり胸に刻んでおきたいと思います。

私たち人間と生きものたち、お互いが笑顔で共存するには?

このプロジェクトでは、生態系の頂点にいる絶滅の危機に瀕した野生動物を救い、
生態系を守ることをミッションに活動していきます。

親を失って保護されたオランウータンのモグリ(マレーシア・ボルネオ島)。
初対面の私に「あなたも食べて」と、花を持ってきてくれました。
(©2010 小学館『生き物たちへのラブレター』 撮影:藤田修平)

猛禽類医学研究所のサポート

北海道の希少猛禽類の治療・リハビリ・野生復帰のみならず、
事故の再発防止のための環境治療に注力する猛禽類医学研究所のサポートをしています。

2016年7月、三越伊勢丹テクノブローチキャンペーンで集まった寄付金と合わせ、
猛禽類専用のハイスペックドクターカーを寄贈致しました。
移動中の輸血や酸素での治療、保温などが可能になるので、延命率が確実に上がります。

ボルネオプロジェクト

ボルネオ島での生物多様性保全活動は、
代表理事の滝川クリステルが現地を訪れたことがきっかけとなり、
2015年よりはじまりました。

財団ではエシカルジュエリーの「R ethical 」との
コラボレーションアクセサリーを制作・販売し、
制作経費を除いた売上のすべてを
認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンを通じて
現地保全団体の活動資金に充てています。

2020年9月現在、累計5,558,983円のご寄付が集まりました。
ご寄付はセピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターで
保護されているボルネオゾウの仔ゾウのミルク代および
荒廃した土地の植林・育林活動に活用されています。

仔ゾウが保護されている
セピロク・オラウータン・リハビリテーションセンターに
粉ミルクが到着した様子。
黒いユニフォームを着ているのがゾウの移動や保護・飼育を
担当している現地の野生生物局職員の方。

これまで3回の支援で3.5トン分の粉ミルクを現地に寄贈できました。

ボルネオ島での植林・育林活動は、
現地周辺の熱帯雨林を念入りに調査し、
「成長が早い」「水没しても腐らない」「動物が好きな果実がなる」種類を選び、
タネを採集して苗を育て、
衛星写真やドローンなどの最新技術を駆使して計画的に植林し、
苗が順調に育つように定期的なメンテナンスを
数年単位で施していく必要があります。

生物多様性保全のための啓発活動